日記 2017年4月1日〜 *月**日

2017年5月13日

 

女性ミュージシャンは、街角でみかけても、わからない

 

 あの歌姫。大阪城公園で見たと思うけど、体が小さくて最初わからなかった。

 あのインディーズの子、顔が白くて、肌がかさかさと思っていたけど、本人は茶色くて、目も不安げでなくて、違った。最初、わからなかった。歌詞は、いじけているけど、本人は力強くて、明るそうだった。印象と違う。

 

 あのアヒルのような違うようなアカ毛の女性を先日、ダイエー4階で見かけた。今思い出した。彼女は何度も見ている。知ってる。歌をどこかで聞いたことがある気もする。彼女は、私に気がある1人と、私は思っている。音楽関係といわれれば、納得する。わからなかった。

 

 彼女は、ユーチューブのアヒルの紫赤毛と同じ色をうっすらして、体の雰囲気が似て、足が細く、雰囲気はそっくりさん。顔に自信がなくて、強気とは違った。アヒルはもっと美人さんだと思っていた。この前見た彼女が本物なら、ふつうというか、控えめというか、やや自信なさげだった。

 

 彼女が当人? うーん。そんなに幼くなく、社会人じゃないか。アヒルは大卒すぐと思ってた。

 

彼女は、人生に自信なさげに生きている。そこは似た者らしい。

 

  最初、東大阪のイオンでみた時のが、もっとも力強くて、それはわかった。またしてやられた。ユーチューブと印象が違うと、わからない。

 

 わかるようになるまで、ずっとすれ違うのか。今度、会ったら話しかけてみようかな。CDでも買って。

 

私の推測で、アヒルとの相性は抜群によい。が、ぜんぜんわからなかった。謎だ。でも、もうわかったぞ。いろいろ点検するぞ。彼女には、家庭的な感じもある。で、強い心。そこがね。まだみつけられない。

 

現在、私の友達となる女性は、何かと貧乏くさい。うちのY子(まだつきあってもいないのに、そんな言い方)は、極貧が長くて、先日まで安アパート暮らしだった。

 

今は、そういうのが用意されているようだ。

 

私が活躍して金持ちになったら、そういうのと出会うと思うけど。私がサラリーマンの時は、サラリーマンの家庭に似合う者。

 

そういえば、あの京大碁打ちも、どこかいじけた感じだった。私のまわりは、そんなのばっかりだ。

 

私は認められないから、弱々しくしている。枚方で、中高と若者らしく過ごさなかったから、力を出せない。腕力不足で、おとなしくしている。それを身に着けたら、率いる側に戻る。

 

仕事して、金稼ぐようになったら、社会人らしくなる。成功して、社交界デビューしたら、パーティー慣れする。スポーツもする。運動神経をよくする。目をよくして、眼鏡をとる。

 

一つずつ自分らしくなる。私は元気で、活発に、気合入れる。快進撃が始まる。

 

記憶も取り戻して、私らしくなる。いつになったら、そうなれる?

 

 

 

2017年5月13日

 

地球で今、『愛』が最も説かれる理由

 

他の星では、愛は見向きもされない。感情や男女の愛と、低く思われる。本来、愛は精神論としては、特殊な人間関係を扱う理論なので、最も価値あるものにならない。このくらい知っていないと、精神論の大家とはいえない。

 

キリスト教が派手に、愛を宣伝して、日本でも影響を受けたから、今愛が流行る。元来、成長という観点のほうが、精神論のより大きな枠組みだ。精神は何も工夫しないと、時間の経過とともに成長する。もっとも自然な行為が成長だ。精神論ではよき人間か悪い人間かを比べる。それは精神の成長のよしあしだ。成長こそが、主要テーマとなる。

 

愛は人間関係論だ。人同志が親密になろうとする考え方だ。地球においては、人間関係を緊密にすることが、必要なのだ。それで、地球では愛が叫ばれる。地球の特殊事情をもってして、愛が精神論で一番だと思うのは愚か者だ。

 

こういうのは基本的なことなので、言うまでもない。が、案外、気付いてないのが多いから、あえて記す。

 

では、なぜ地球で『愛』が必要か?

 他の惑星と比較しよう。他は、月のような大きな衛星がない。潮汐力が働かなくて、マントルがさほど還流しない。大陸があまり移動しない。造山運動がない。平地ばかりとなる。火山はあるから、数カ所に大火山。他は、平地となる。

 

 他の星は、地球のような山があちこちにない。アメリカの平地のようなのがずっと続く。水平線が見える。国が生じたら、それはどんどん周辺を征服する。あっという間に、国家は大陸を統一する。地球ほどに文明が進むと、他惑星は、国は大陸ごとに1-3つ。一つの文明が世界統一する星もある。

 

 みなが同じ文化と文明を享受する。人類みな兄弟だ。文化の差異は乏しい。誰もが似たような者同士。文化は、ほとんど分断されていない。そういう星では、人間どうしの結びつきを強める必要はない。同じ者同志は、親しくなる。

 

 だが、地球は山が国を隔て、文化・民族が多数生じた。地球は人類が国ごとに分断される。それぞれ個別の文化を最高として、誇る。人間は、分断されている。お互いを理解するのは、言葉も違い容易ではない。

 

 だから、戦争を始めやすい。だからこそ、人間同志、親しくなるための考え方が求められる。それが、愛だ。愛とは、心の底から他人を大切にする考え方である。日本では、『和』の精神というあり方だ。

 

 あまり難しくない。山によって地球は文化と民族が、多くに分かれ、分断される。だから、それらを統合、もしくはお互いに親密になる『理念』が強く求められる。人類同志、文化・人種、民族の違いでいがみ合うのは、おかしい。それら差別を結びつけなくてはならない。その考え方が、愛だ。だから、愛が地球では、強く求められる。それは、人類を一緒に仲良く暮らす社会にしようという発想だ。

 

 愛が社会論だと、理解できただろうか?

 

2017年5月13日

 

文章力はあがってきた。新しいテーマ(社会問題)を書き上げることができるようになった。誰も書いてないことも、うまく説明できるようなった。

 

まずは新しい物事を定義する。規則を記す。状況に、規則をあてはめる。そんな書き順である。

 

 

2017年5月13日

 

9000億年後の我々

 

 

2017年5月12日

 

最近募るのは、大阪人に会いたいということ。テレビでは、私がいまいち理解できない東京の雰囲気。家の中は、大阪っぽくない。

 

今は、自分らしく生きるがテーマだ。夜にまで地震予知の原稿に追われていては、自分の時間がもてない。

 

これからは、女性とのつきあいもあるし、仕事も入ると、自分の時間がさらにもてなくなる。それはそれでやるべきことをすると、私は成長する。それは構わないのだ。

 

自分らしく生きる

 そのために、大阪人らしい環境を自分の周囲につくる。

 

2017年5月12日

 

8500億年後の我々

 

 

2017年5月11日

 

被害がどんどんひどくなる。早く、ファイルを。

 

私をこの窮地から救い出す者が、栄光を手にする。が、電波犯罪を知っていて、長く沈黙していたわけだから、どうやら名誉といっても、小さなものだ。

 

まっ、しょうもない者でなくてよかった。友人でなかったのは、残念だが。私に教えなかった者は、なんであれ何か呪われるのだから。

 

2017年5月10日

 

8000億年後の我々

 

2017年5月10日

 

今日は、多田にゆくとさんざん脅された。しかも、あまりみかけない霊能者の女どもがきていた。それで透視が落ちてしまった。

 

夕食を作ったら、さえなくて、おかずの出来が悪かった。一つもおいしいものがなかった。まずくないのが、不思議だった。

 

憧れの人と友達になれることが、一つわかった。うさぎ恋し、なんだっけ。

 

 

2017年5月10日

 

7500億年後の我々、とする。

 

 

2017年5月9日

 

川西や宝塚など遠出すると、発想がかわり、ブログも書ける。昨日と今日と久々に政治ネタを書けた。

 

5/13が転機の日、という予言がある。根拠は何かとよくしらない。私の人生の変わり目なら、本当にそうなるとよいものだ。

 

最近の芸能界を見て、世間とは違う自分の意見を言えるのは、正直者と受け入れられ、好感度が高いようだ。長く定着する芸人は、自分の見解をもっている。

 

 

2017年5月9日

 

7500億年後の我々

 

2017年5月8日

 

宝塚の山本台から、裏道を抜けて、切畑に。そこから猪名川付近に戻ってきた。遠回りのサインクリング。少し疲れた。

 

 

2017年5月8日

 

7000億年後の我々。

 

2017年5月7日

 

そろそろくると思っていたが、子供の使いは来なかった。まだ粘るのか。ならばしょうがない。奥の手を一つ繰り出した。

 

2017年5月7日

 

6500億年後の我々

 

2017年5月6日

 

GWはのんびり過ごす。

 

最近、浮かぶことは、総合学者になること。これまで、霊能者、宗教家、精神論者、社会システム論者などの専門家たることを目指してきた。

 

これからは、数学、哲学、物理学、工学、芸術家の総合学者になることだ。他の宇宙人は、みんなあらゆる分野の知識を一通りもつ。それにも感化された。

 

ここ一週間ほどは、恋人デート。そんな初めてのこと準備ばかり。まだ連絡してもいないのに、気が早いわけではない。そんな雰囲気が高まっているためだ。他に関心がないほどだ。5月の地震予知も、何もしてないに等しい。5月半ばに出す予定。

 

 何もかもが、『デート』以後に新しくはじまるため、何もかもがストップ中なのだ。

 

2017年5月6日

 

6000億年後の我々

 

2017年5月1日

 

犯罪者のお友達がたくさんいる。そんなのと仲良くなれるだろうか。

霊能者にそんなに知恵を与えはしない。過去、それで何度も失敗した。限定的にする。しかも、私に影響が出ないものを。

 

 

2017年5月1日

 

今日は、少しだけいい日。あの背が高い情のある女性を見かけた。くるとは思わなかった。

 

5300億年後の我々。

 

2017年4月30日

 

明日から運命の五月。とうとう始まりの月。私は解放される。いや、それはまだだ。一つ解禁される。

 

いくらか楽になるだろう。新しい闘いもはじまる。

 

 

2017年4月30日

 

なんだと、あんなところに出入りしていたのでは、完全に犯罪者ではないか。忌まわしき神霊-悪党の女ボスの1人、の予言通りだ。まぁいい。みっちり償いはしてもらう。これで、100-300万を確実にとれると思うと、少しうきうき。

 

 被害にも慣れてきて、鈍くなってきた。慣れてはいけないのだが。

 

2017年4月30日

 

4600億年後の我々。

 

2017年4月27日

 

気分がさえない。

 

2017年4月27日

 

4000億年後の我々

 

2017年4月26日

 

特殊な言葉つかいをなんとかしなくてはいけないな。

 

私の疑問に、アカなどが音声送信で、すぐ答えてくれる。それに慣れきって、ふつうの人にはわからない「思考会話」が成立する。

 

ソウルメイトがどうのこうので、彼とは友人になれそうだの。未来において、彼女と君は友達になるだの、一日を過ごすだの。そんな、会話わかりっこない。

 

私は人に合わせて、話ができるタイプだ。だから、そんな話はまず理解しない人にはしない。最近は、みえない話相手がいくらでもいる。だから、そんな会話のできなさそうな人に向かって、わざわざ変人と思われる危険を犯してまで、そんな話はふらない。

 

しっかし、ちゃんと幼馴染の地位は永く安泰だとわかっているとは。落ち着いたものだ。

 

みえない世界の話

鎌倉の女性。母親のようなのが来て、(娘と)あまり合わない、と言い出して。誤解を払拭しようと、眼鏡をとると、近所にいた彼によく似てるわ、と納得した。どこから教えてもらった情報かしらないが、娘が(やがて)私に捨てられる!? いじめられる、という。女の勘は外れないが、それはないかな。あっても、たいしたことにならない。頭の出来の差で、彼女がついてこれないかも。そこが、私の心配事なのだ。もう一つ、私は青春が暗い。それで、彼女の活発さに追いつくまでにまだまだ足りないのだ。星猫つながりが、どこまで合うのやら。

 

2017年4月26日

 

被害が著しく、気分が落ち込む。去年は、歯を削り、取り返しのつかないことをしてくれたアカ。そのせいで、マスクをつけて寝ていた。今年は、もっとひどいことをはじめた。今度はマスクではどうしようもないだろうから、カメラで寝顔をとる。

 

webカメラを買わなくてはいけない。もう少しなのに。しかし、透視システムが手に入っても、やっぱりwebカメラは必要なのだ。その映像が証拠になる。

 

2017年4月26日

 

3700億年の我々

 

 

2017年4月24日

 

川西の業務スーパーの帰り、鶯が丘を抜けて、立川西明峰高の近くから山道を抜けてみた。道に迷い、宝塚医療大学のウラに戻る。が、気を取り直して進むと、花屋敷荘園に。そこからぐるぐると回り、坂道をえっちらおっちら上り、満願寺に。そこから川西に戻ってきた。満願寺では、写真をとる。拝観料100円は高くて、払わず、中もみず。なぜか2体も仁王様がいるこじゃれた門だけ。

 

疲れた。初めての道を通ったわけではないと思うが、8-10年ぶり、久々なので、新鮮だった。

 

 

23日は、箕面のキューズモールに。

 靴は高いし、弱酸性石鹸は近くのコーナンは安売りしてないし。箕面の駅前を寄ってから、戻ってきた。今日は、箕面のキューズモールに誰か来てないか、探した。白い誰かさんがいるらしいので、透視しながら彼の行動を追い、せっかくなので顔を見てきた。

 

記憶ない白い爺さんではないか。2人の娘を連れた。私を探していたので、印象に残るように、しっかりと姿を見せてやった。せっかく顔を見せたのに、うれしそうな顔してくれなかった。彼は、堺の彼と知り合いだそうで、丁寧に対応しろとアドバイスを受けた。彼らが長生きしたら、いつか会うかも。

 

 私は、鬼ごっこ、かくれんぼもお手のものなのだ。私の日記をチェックしているとは、私のファンかな。やる気あるじゃないか。

 

私の「電波犯罪と超科学」のブログは読んでおこう。私から見て、右にいた娘に万が一がこれからある。子供の出自をアカはさらす。すると、夫か妻がなくなる。妻が不貞なら、夫にも同じ類のがある。それで、イーブンにして、喧嘩両成敗とする。親が立ち会うと危機は救えるだろう。娘にこのことをしっかり教えておくように。

 

娘を連れていたのは、正解だった。見せに来たのかな? 嫁も見ておきたかったが。

 

2017年4月22日

 

またたいへんなことが持ち上がった。一ヶ月後だ。アカファィルを入手してから、すぐにやばくなる。それは予想通りだった。

 

そうなんだ。今は、踊る手順の勉強をする。47年間、踊らなかった。今更である。

 

このところ、急いでしなくてはいけないことが、増えてきて、追いつかなくなっている。日中は暇なくせに。

 

2017年4月22日

 

3000億年後の我々

 

2017年4月19日

 

みえない悪党どもの状況を聞いた。三種類いて、友人をキルするグループ(東大阪)。アシスタント達を惑わすグループ、私を襲う黄色い輩達--本部は八尾に。みえないものたちに摘発するように命じる。

 

いつまでも、こんなのと闘っていてはいけない。早く、解決しなくては。システムがあれば、すぐにどうでもなるのだから。

 

やっと、私のみえない敵を話してくれた。

 

 

2017年4月19日

 

2600億年後の我々

 

2017年4月18日

 

音声送信で、脅迫されている。ひどい針刺し被害をする、という。アカはそれを何度も繰り返す。それを停止させるために、説得している。

 

 私の反撃は、大きいのだ。が、それはアカが気にならないようで、恐れずに突っ込んでくる。そして、ダメージを深くする。このあたりを理解させると、なんとかなるはずなのだが。

 

 アカは、崖から飛び降りる数が一定に達するまで、気が済まないみたいだ。1人だったものが2人になり、3人になり、あっという間に5-10人になる。ついに気づく。やるべきでなかった、と。それで止まる。その繰り返しだ。

 

 鍵を握ってるのは、伏尾台の女性司令官だ。

 

 2-3週間後には、犯行の証拠を私が手に入れることは、周知されている。捕まりたいのか? 伏尾台のアカが、賠償金をはらう分。それを肩代わりさせるために、わざわざ遠くから呼んでいる。しかも、伏尾台のアカの罠にハマったのかもしれない。

 

 それも知らないのか? だから、伏尾台のはやれ、というのだ。自分たちが捜査対象となりたくないからだ。しかも、質が悪いことに、伏尾台のは助けられる者を助けず、泥沼に落とした。

 

 いつものパターンに騙されている。アカの内ゲバなのだぞ。そうか。死相に気付けるアカの身内がなくなるのはおかしい。仕組まれているな。

 

私がやるな、ということをすると、とんでもない反撃を食らうことは、伏尾台のアカの常識だ。だからしない。しかし、誰かにそれをさせる。何かを企んでいる。はめられたら最後なのに。

 

おそらくだ。もっと上のほうから、どこそこのアカを内ゲバしなさいと司令が降りてくるのだ。で、私に凸撃させて、沈める。仕組まれているのだ。おそらく、ここはいらないアカの処分場なのだ。内部抗争に、私は利用されているのだ。それら事情がすべて、明らかになると、なんとかなるかもしれない。

 

 昨日、今日は、けやき坂の内ゲバ。私はひどいめにあった。

 

順番で回ってくる---というのは嘘で、選んでいる。貢献度に低い地域を割り当てる。使い捨て作戦ね。今回選ばれたのは、私がけやき坂を通ったという理由。パン屋の上、辺りからきている。

 

針刺しの悪質のをする理由---伏尾台のホワイトリバーの命令。それを変えないと無理。他に命令するのはいない。他地域のやり方に干渉しないのが、規則。

 

悪質針刺しをするのは、嫌がらせをしようという安易な気持ち。死んでも続ける。どうせ自分たちではないとホワイト・リバー。怒らせるなら、ホワイト・リバーなどに。

 一丁目の南のアカが、指揮している。ママ2ヶ月の条件。子供も。10ステップ落としで。

 ますますもやりたがる。北公園、ゴルフ場近く、高校裏も、湯川近く、マンション南、竹尾。全員とする。

 

 

 

 

2017年4月18日

 

人間関係の修復をやりつつある。なにしろ、私はこれからウラを覗け、裏に通じる。ある人物がアカファイル一般用を知ると、そこに書き込まれていたアカの執拗な中傷や名誉毀損のデマは、アカが訴えられることを恐れ消す。そういうわけで、私の評判がふつうに戻る。さに、アカはアカファイル読者には容易に犯行などできなくなる。ようやく極度の犯罪被害者ではなくなり、人間と扱われる。

 

裏(アカの実態)を知る。ノケモノではなくなる。そうすると、このアカファイルに従って動く愚かな人間がたくさんいる日本では、人間以下の扱いは受けなくなる。世間の1人と数えられる。

 

 また私はそろそろ、テレビ進出するので、芸能界の私が勘違いでひいきにしなかった者たちは、アカファイルを読み、私に不信を感じている。その誤解を解いておこうと思った。

 

 幾人かいたのだ。宗教の誤解で、私は普段、ワルと思っていた者たちがいる。当然、本人達には特に悪いことは何もしてない。私が彼らに責められる理由は何もない。

 

彼女性歌手で幾人かは、これまで再評価して、彼女たちを見直した。これからも、それは続けてゆく。

 

言葉がおかしい日である。

 

 

2017年4月18日

 

2500億年後の我々

 

2017年4月14日

 

自分らしい『家・仲間』を作る

 まず第一に、新生エジプト系らしい生活スタイルの共有だ。古代のエルサレム方面の鈍いのはいやだから。

 

 守護の同一系列でもよいかも。異時代の者であっても、気心が知れるはず。これは、まだ体験してなくて、どこまでの親密になれるか、快適かも不明。一度、東京で経験してみよう。

 

 次は年齢層だ。私と同じく、40代後半のノリでよいだろう。そんな者たちが、好き勝手やる。

 

 では、そういう友好の場を作る時に、排除すべきものとしては、

 異世代だ。若いのは、邪魔になりにくいだろう。が、若い者たちを長く相手にはできない。彼らに合わせられない。老人も、面倒だ。

 

 で、そちらが重要ではない。

 

 自分らしい雰囲気とそこにいる人々について、もう少し考えよう。

 うちの親戚のイメージでよい。自由で、社交的で、あれこれよく知っていて、人生を各自うまく生きている。生活が下手くそなのとはわけが違う。なんでも、まあうまくやれるのだ。それで、口うるさいのだ。

 

 孤独から解放されたら、そういう世界に戻る。そんな社会に生きていることを自覚しなくてはならない。うちの親戚は最強で、彼女らより力強いのは、なかなかおめにかかれない。

 

 友人の場合は、それ以下になるのかな。そうでもないような気はしているが。枚方は。

 

 

 

 

 

 

2017年4月10日

 

47歳にチョコケーキを食べ、紅茶を飲む。

 

私の瞑想の現段階は、背中から尾てい骨に至る経路。宇宙文明でいうと、30-70億年の文明のテーマに相当する。

 

47歳は、いいことがある。やっと解禁だ。孤独の終焉である。

 

海外から寄付用の口座を作らなくては。ドル建ての。慌てなくてよい。

 

難病を治す方法。それも手に入るのがもうすぐ。まずは実験から。本当に、私のシステムは有効なのかを。難病のち療法。その一、800万円。そのニ、3千万円。高すぎるというので、最安値にすると、3万円。交通費と注射器一本とお礼。しかし、安全はそちらで検証してくれ。説明書はつけた。

 

きんぽうげ毒に効くのは、キウイや白ネギなんだと。ほんまかいな。

 

整髪剤の使い方を勉強中。デートしなくてはいけないし、会社に働きにいかないといけないし。

 

 

2017年4月10日

 

2000億年後の我々

 

2017年4月9日

 

明日は私の誕生日。

 

ネットで個人名を隠して、活動するのは、最低である。隠れて何が、うれしいのだろうか。一部が隠れて悪さする。だから、悪党どもに合わせろ、というのか。悪党が活動できないように、悪党の名を出すのが解決ではないのか。すべて匿名禁止にすることで、隠れられなくなる。

 

 この風変わりな習慣はなくさなくてはいけない。韓国や、その他、ネットが進んだ国で匿名が禁止される。

 

2017年4月9日

 

多田神社祭りを西門から見た。遅かった。

 

今日もまた、消えていった者たちを眺めた。私に何かした者たちだ。すべてが敵ではないが、私側ではなかった者たちだ。最近、みかけないと思ったら、いなかったとは。状況が変わっていた。対応を考えよう。

 誰が残って、犯罪の指揮をとっているのだ? 実行犯は誰? 協力者は? 把握しなくては。

 

 アカ達の発明は、アカ達をも自滅へと追いやった。電波で、子供の父方の遺伝子がわかる。つまり、誰の子か一目瞭然なのだ。母親はばれるのが恐ろしいのだ。

 

 これにより、大勢が姿を消した。いまは局地的なものだ。が、やがて日本中を襲うだろう。

 

 自殺率は低い。年々下がる。そんな中で、なぜ私の周辺は、これほど多いのだろう。呪いがかかっている。

 

 

2017年4月9日

 

 1900億年後の我々 

 

2017年4月7日

 

私のみえない友達

 去年、後半の希薄なものたちは、囲碁部OBだった。宇宙研究者とは、ともにある。政治家と、親戚が離れた。

 今年の希薄なものたちは、1-3月は囲碁部。4月からは同級生(枚方、池田、大阪市大)が浮上した。近しくなっている。高度な者たちを遠ざけ、身近な者たちが占める。

 

私と同じ社会的地位の人。それとの交際が近いのだろう。その読みは当たった。

 

 電波犯罪の告発方針

 池田・川西や東大阪など私の近所に限定するそうだ。遠く、東京の党本部や議員を落とさないようだ。地方で小さく闘う。本部叩きは、担当に任せて。これが安全なやり方だそうだ。

 

 無関係でいたい他人がこちらに首をつっこむなかれ。私は次々と白日の元にさらす。ここまで公開可能なのだ。

 

生き残った者たちは、どんだけいる?

 

2017年4月7日

 

昨日のポケモンをみると、私のデートらしきサインがあった。やった。ついにだ。女性とは隔絶する、という忌まわしい呪い、封印が解けるのだ。それが、年度の新しい友だちの形成の段階に沿って行われるとは。つまり、4月10日頃に出会い、5月にはやや親しくなる。6月からはしっかりと相棒となる。そのようなプロセスがとられている。本格的なこった。こういうのは大学以来だ。

 

来月からの収入はだいたいわかった。なんとか収入アップは可能だ。一つ問題をクリア。

 

2017年4月7日

 

 1800億年後の我々 

 

 

2017年4月6日

 

孤独のシステムをほんのわずかに変える。些細なことだ。

生活のシステムを楽しくする。2日後には慣れて、3日後には当たり前となる?

 

まぁやってみよう。退屈で、つまらない日常。どんくさい者たちから早く離れよう。

 

2017年4月5日

 悲しいことばかり。でも、私を見捨てた者たちだ。とはいえ、すべて危険が迫っていると私が予知した者たちだ。誰かが助けなかった。誰かが知っていて、仕組んだ。

 

こんなにたくさんいなくなった。離間工作のためだろう。許されることだろうか。歴史がどう、彼らを裁く?

 

この土地の大勢はやがて裁かれる。それを見て、誰もが恐れる。

 

この戦争を止めなくてはいけない。これ以上、無意味な悲劇を増やしてはいけない。

 

私は、静かに今は、受け止める。忘れられた彼らをみつける。

 

 

私の周りには、人がいつもいる。同じのがいる。いるのに、こんなにたくさんいなくなっていた。なんてこと、信じられるか? 確証がない。誰も私に言わないし、私もあえて聞かなかったし。

 

 

私の予知はながらく信用されてなかったらしい。2004-2015年ほどは。

 

 

 

2017年4月5日

 

1700億年後の我々

 

2017年4月3日

 

あれ、近所までなくなっていた。意外だ。助からなかったようだ。若いのに。多いな。

 

ひどいな。ひどいな。まるで、虐殺だ。

 

 

2017年4月3日

 

展開が予想より早い。私が友人と親しくなるサイクル。4月に出会い、5月に友達になる。2月まで親しい。その後、関係が希薄になる。長い親密な関係は、経験したことがなく、不明。

 

 その法則にあてはめてみると、5月に出会う。それが自然。どうやら、今年にそれがあるようだ。

 

あの娘の長姉が言う。もうすぐと。確かめると、間違いではなさそう。

 

これによると、のけものの終わりが5月にくる。嘘つきが明らかになる。人をたすけられる。とりこぼしなしに。大事な人を失うことは激減するだろう。やりすぎもなくなる。安全圏に入る。

 

犯罪者が自発的に犯行をやめる。私が日本にかけた呪いも薄まってゆくだろう。

 

 やった。5月から稼げる。あの圧倒的な知識を使って。すると、3ヶ月で月収20万は超えるだろう。そしたら、引っ越しができる。まずはあちこちから、取り立てる。私に借りをつくった者達は、仰山いる。彼らが1-5万は払うだろう。すると、たちまちにして、私の貯金はふえる。

 

2017年4月3日

 

1500億年後の我々

 

2017年4月2日

 

とても悔しいことを知った。大事な人がいなくなっていた。私の忠告をきかなかったからだ。なぜ、それで平然としていられる? なぜそれで黙っていられる。なぜ、私にそれで連絡しない?

 

 最近、電波犯罪関係で、誰それが不幸になったのは、私のせいだ、とアカが嘘をつく。そんなデマをばらまく。その度に、それを訂正する。真実が知られることがいやなら、私の責任だ、と言いふらさないことだ。

 

2017年4月1日

 

賢い人は、私と争うことはをやめるだろう。

精神、宇宙、霊界論で。

 

私の長年の探求で、いくつかのことが明らかになった。

 

死後、幽霊となること、それから成仏すること、天国にゆく時の方法。

天国の統治は、まだ全面的にはわかってない。が、少しずつ把握する。

悪霊の正体、悪い宇宙人。いかに交信させるか。およそつきとめた。

善の宇宙人。それがどこにいるか。

 

私が知る事実は、圧倒的だ。私と同じ情報源に接していない者が、私にたちうちできるはずがない。

 

私と見解が異なるはずがない。これらで違ったら、それはもう我々の影響下にいない者だ。システムの示す世界に、届いていない。

 

 

2017年4月1日

 1400億年後の我々

 

home
inserted by FC2 system