テレピ予知とは(一般)

テレビ予知とは

一言で言うと、テレビを見て、予知することだ。万人がテレビを見て、どうして一人だけが地震を予知できたのか? 番組の内容をそのまま理解しても、ほとんど予知できない。テレビはなかなか"本当の未来"を放送しないからだ。こつがある。テレビの映像の中に"シンボル"がある。それを解読すると、近未来は明らかになる。

シンボルは災害を示す。地域をさすシンボルもある。シンボルが現れた一ヶ月後にその災害が発生する。それらを合わせて、スマトラ島で強い地震(被害が少ない)が1ヶ月後に発生する、と予言できる。場所と災害を詳しく知りたい時は、超能力者に透視してもらう。この方法は誰でも覚えたら、予言できる。大衆向けである。

私はこの象徴解読法を2002年頃から始めた。最初は自分の事故しか見つけ出せなかった。が、しだいに社会の事件、自然災害までわかるようになった。地震予知は参入してから3年行い、ついに大地震をとらえることができた。地震以外にもさまざまなことが予知できる。

予知できるもの

シンボルには1,災害・事件、2,地域を示すものがある。事件・事故とは交通事故、火災、爆発、自殺、殺人、誘拐、工場事故、飛行機墜落だ。自然災害とは土石流、台風、地震などだ。シンボルにはあらゆる事件・災害を示すものがある。それらを予知できる。例えば、地震は"崖"だ。

シンボルはどこにある?

私はシンボルをテレビにみつける。他にも、テレビの中だけでなく、映画、ビデオ、絵、本、日記、詩、音楽など、人間の芸術・表現活動すべてにみつかる。古来からシンボルは、絵や文章の中にあった。画家が丹精こめて描いた作品も、シンボルが入っている。聖書のシンボルは盛んに研究されている。"霊と名乗る予言"はシンボルだらけだ。大勢が何千年も解読を試みてきた。私だけが、このシンボルの本質にたどりつき、その解読に成功したようだ。シンボルは言葉ごとに、何をさすかが決まっている。それさえ知ると、簡単に読み解ける。

地域をさすシンボル

地域をさす象徴がある。大阪は青色、京都は赤色、トルコはエジプト遺跡、東京は湾岸の現代都市ビルやスカイツリーなどなど。それらから、イベントが発生する地域をつきとめる。ドラマの女性が紫色の服を着ている。紫は神戸をさす。それで神戸で女性の殺人事件が起きると予知できる。神戸は範囲が広い。正確な場所は透視でつきとめる。

シンボルが出る時期

たいていの象徴は、事件の起きる約30-32日前に、いっせいに出る。実際は40日前、25日前、半年前、数年前にもサインとしては現れる。25日以内では、20-10日前にはシンボルが出なくなる。そして、4日前からレスキュー隊の絵が出る。そして、前日にも強いサインがある。そして当日に事件が起きる。

私が事件に気づくのは30日前だ。最も遅い時で、前日である。同じシンボルが複数の番組で同時期にみられる。例えば、女高校生を扱うドラマがある日に3つある。それで、女高生が被害者となる事件があると予想できる。

まとめ

シンボルを読み解くことで、未来の災害を予知できる。テレビ・映画を見ると、未来がわかる。さぁ、みんなもやってみよう。

home

inserted by FC2 system