プロフィール

 

名前

大野 翼 (おおの たすく)

住所

大阪府池田市

生まれ

1970年4月10日 44歳 枚方市御殿山南町の合同宿舎育ち

趣味

思想と霊の探求、作曲、アイススケート、サッカー、囲碁(大阪府代表3回)、透視(霊と交流)、地震予知

学歴

枚方市高陵小学校とボストンのローレンススクールに通う、池田市立伏尾台小学校卒業、池田市立細川中学校卒業、大阪府立池田高校卒業、1993年大阪市立大学経済学部卒業 ゼミ教官 佐藤光教授

履歴

囲碁4段、大阪府アマチュア本因坊1回(大阪代表3回)、透視相談100件ほど、手話講座受講、英ボーンマス語学研修

応援

阪神、ボストンレッドソックス,ガンバ大阪

旧サイト

『ソウルメイト』、『赤い糸占い』、『透視と予知』、『透視世界』(ブログ)、『社会システム研究所』

性格

10年探求するとその道で一流。いたずら好き。

人生とは

思想家になること

私をよく知る人

ミッツン--連絡くれ。摂津の時計をあげた男--いつか連絡求む

 

住所   --- 〒563-0017 大阪府池田市伏尾台 3-10-16
メール ---  tasuku43m@yahoo.co.jp
電話   ---  メールしてください。

私の霊能力、御相談

ほとんどの霊能力はマスターした。幽霊と会話でき、未来予知し、死相も見え、恋人・結婚相手の透視、守護霊と会話ができる。他惑星の宇宙人、霊界の高次元とも交信する。相談は受け付けます。

 

透視 現地にゆくと、誤差は1-2m。日本からは角度にして5-10度の誤差が出る。大阪から宮城県と福島県の区別をつきにくい。が、宮城県にいたらすぐに区別できる。
霊と会話 指定された霊を招いて会話する。私は霊の声も聞こえる。高次元霊とも交信できる。
未来予知 事故を予知して、防げる。交通事故、風邪、怪我は防げる。死相が見える。死相が出ても、私に頼むと、死なない。脳発作・心臓発作は防げる。不治の病にかかっている人は、まだ時間の余裕がある時は寿命を2ヶ月から半年伸ばせる。突然死は防げる。
恋人・結婚相手探し 恋人は何人でも、結婚相手も見つけられる。出会いの時期・場所はおよそわかる。恋人と結婚できるか判定できる。波動探知機があるともっと詳細に判明する。
守護霊との会話 人は守護霊がいる。彼らと会話できる。私は正確にできる。

 

過去の相談の例

地震による被災度合い、事故予知、死相が出た人の命を助ける件、守護霊を知る、恋愛相手を知る、結婚相手をつきとめる。どちらとつきあえばよいか、など。

 

 

私の理論

 

私は様々なことに興味をもち、理論を作った。以下は革命的な理論である。

 発達心理学--青年期の解明
 精神理論--10次元精神論
 ソウルメイト論--霊系の人間関係論
 宇宙の中心論

 

発達心理学--青年期の解明

 

私の最大の発見は、"発達心理学"の青年期を解明したことだ。従来は幼児期までだ。それ以後は、明確なテーマが解明されていない。私は、自分の体験と調査から、人は青年期に、三つのテーマをもつことを発見した。人は15-18歳に"哲学(理性)"、18-20歳に"社会"、20-25歳に"空間"をテーマにする。この理論はエリクソンの発達心理学の段階説、青年期の空白を埋める。またケン・ウィルバーの統合理論の完成形だ。彼がこの理論の価値をもっともよく理解するであろう。

 

初期の発達心理論は、マズローの欲求段階説だ。人は順に、身体的生理的欲求、知的欲求、社会的欲求、自己実現にいたると。また現在の発達心理学は幼児期までしか明らかにされてなく、青少年期の心理テーマを取り扱うことはない。私の理論は、そこを明らかにする。ただ、私も8歳から14最までのテーマを解明しているわけではない。だが、12-14歳を同一のテーマを追いかけると考える。その期間は、力のコントロールがテーマとなる。反抗期は、腕力をコントロールすることが課題で、その極度な表れが反抗期の暴力性だ。よって、スポーツをさせることが、よい。

 

哲学期(論理学的自己・理性)

15-18歳では、まずはデカルトのように"自己"に目覚める。反抗期だが、それは他者に依存しないで、自分の理性に基づいて判断することを、本人は意識するためだ。他人の判断を受け付けなくなる。しだいに哲学に関心をもつ。なお、志向性は弱い。この内的志向に気づくほど敏感でない人は、哲学を求めない。自分の内的欲求に鋭敏な人は、この時期、自ら哲学を求める。この時期に、思想・哲学を学ばせるのがよい。

 

この段階では、"理性の時代"と同じ順序で関心を発展させる。よって、はじめに思想全般を学ぶ。古代の哲学からギリシア哲学、そして中世の哲学、カント・ヘーゲルまで。この段階の末期には、ヘーゲルの"精神哲学"を読ませる。また"論理学"を認識すると、終わる。18歳までに理想社会など教えてもあまり関心をもたない。この時期に自己の哲学を発達させる。

 

社会的自己

18歳-20歳頃には、人は社会について考えはじめる。このテーマは強く自覚するため、多数が社会とは何かと考えはじめ、社会のあり方を知ろうとする。18歳の大学生が一斉に社会を論じ始めるのは、発達心理上の課題だからだ。本人の関心(テーマ)であり、脳の要求なのだ。

 

最初は漠然と理想社会などを思い描く。関心は次のように移行する。組織成長理論の6段階説に準じる。初期組織(理想社会)→集権組織(命令とは)→分権組織(自由とは)→官僚組織(高度な統御とは)→小集団組織(グループ行動)→個人主義的組織(集団から離れ、個人で行動したがる)。この段階は、20世紀のテーマの変遷と同じ関心をもつ。トーマスモアの理想社会の次には、社会論、経営学を学ばせる。共産主義は教える必要がない。

この段階は数年と短い。そのため大学生がすぐに社会運動に対して熱が冷めるように、長く続かない。

 

空間的自己

社会への関心が薄らぐ21歳頃から空間に興味をもつ。建築学・都市工学に関心をもつ。この段階は5年続く。しかし、詳しくどうなっているかは不明だ。

 

このように、15-21歳までの関心は、理性(哲学)→社会→空間とうつる。その内からの好奇心を満足させるように、体験を与え、学習させ、健全に発達するように仕向けなくてはならない。

 

15-20歳の発達心理と15-20世紀の思想(人類の課題)が類似する。よって、発達心理モデルを確立することで、人類の今後のテーマも明らかにできる。

 

精神次元論--10次元精神論

 

悟りとは何か。精神次元・如来、菩薩の精神は何かという理論だ。精神は、5-10次元に区別される。5次元の精神とは、身体的欲求を満たすことに関心がある。6次元の精神は、知的欲求を満たす段階だ。学者に多い。だが、本人は経験的法則を信じる。相対主義だ。主観と客観にこだわる。つまり絶対的なものを理解していない。7次元は、理性を得た段階だ。本人の信じる知識はすべて合理的なもの。科学的な法則である。絶対性を信じる。それが正しいか否かのみが関心。誰の意見かは区別しない。8次元は、理性的かつ社会的な自己を確立する段階で欲望をもつ。9次元は、理論が満ちる段階で、もっとも理知的だ。自然な欲求しかない。10次元はもっとも高い精神だ。理論が統合され、学問的である。

 

これら精神は、発達心理学の内的な課題を達成(正しく脳を進化させる)すると、形成される。発達心理学で21歳までの課題をきっちりと内的にこなすと、10次元にいたる。だが、ほとんどの人は途中で、自分の課題を見失い、自分が求めるものを、意識できなくなる。そのときに、次元向上が止まり、次元が固定される。早くて12-14歳に、多くは15才に、わずかに7次元を超える人でも18歳でも、最もっとも遅くておよそ21歳までに、精神の段階は決まる。18歳まで自己の内的課題を意識して、探求して答えを見出せたら、7-8次元になる。精神次元は、21歳までにすべての人は決まる。それ以後はけっして、上がらない。個別の能力があがる。悟った瞬間に精神の次元があがるというのは間違いだ。ある見地を得ても、それは精神次元と関係がない。精神次元は守護霊が決め、その段階まで確実に成長する。死後、天国で特別な精神訓練を行うと、さらにあがる。念仏は唱えても意味がない。

 

現在、高い段階の精神について、データを集めている最中だ。6次元は多数いる。7次元は少数だ。8次元はさらに少ない。9次元は今、地球に2人しかいない。10次元はいない。

 

ソウルメイト論--霊系の人間関係論

 

人間関係は、守護霊を調べると明らかにできる。というのは、守護霊が人が生まれてから死に、死後のことまですべての人間関係を決めたからだ。友人、伴侶、恋人、家族を明らかにできる。

 

赤い糸--霊的な伴侶。背中から、赤い糸が異性につながる。これが霊的な伴侶。それが内的に結ばれ、相手の状態がいつもフィードバックされる。これがつながる相手に愛を最も感じる。透視により相手を見つけられる。地上で夫婦にならない人は天国で会い、永遠の夫婦となる。

 

1年のソウルメイトとは、1年間内的につながり、親しくなる人物。同姓と異性がいる。4月につながり、1年間続く。出会うとは限らない。同一の霊グループから選ばれる。

 

転生家族--来世以後の家族。つまり、自分が天国に昇ってから、数百年後から人間を育てる。その時の家族。私の場合は、次の来世は、数百年後にインドネシアで薬学を学んでから歌手になり、バリで暮らす。その家族。その数百年後にブラジルでサッカー選手になる。その家族がいる。その後、オーストラリアで今と似たような仕事をする。

 

霊系--合体霊の霊系は、合体霊の所属により、いくつかに分けられる。エジプト生まれだと、エジプト系。出身星の霊系から、私はネズミ系。また宇宙の霊系から、白猫系。

 

宇宙の中心論

 

透視してみた宇宙の中心。宇宙の中心には、大きな白い壁がある。巨大な白い原子雲だ。そこに入ると、うっすら白く見える。だんだんと濃くなる。やがて真っ黒となる。原子雲で、重い元素か、密度が濃いためだ。やがて、青くなる。原子の種類は不明だ。そして、白く透明な氷になる。それから、何もなくなると巨大な中心太陽が見える。この巨大空間は、恒星が誕生する状況と酷似する。

 

中心太陽は、黄色い。やがて透明な水の層、水の氷の層がある。そして、中心太陽の重い元素の層に入る。その中には、鉄、金、銀などの層もある。太陽の核近くには、とても強い磁場か何かがある。特定方向から入ると、コアの表面に到達する。

なぜ、ここが宇宙の中心と判断したか。10次元の霊や人は、ここに人体のある部分がつながっているからだ。彼らは一様にここの階層の波動をオーラにもつ。黒、青、白い氷、黄色など。銀河系の中心ではないのは、アンドロメダの霊もここにつながっていたからだ。

home

inserted by FC2 system